バックアップ エブリデイ ドットコム 零細企業専門の共有ハードディスク自動クラウドバックアップ BackupEveryday.com

零細企業の共有ハードディスククラウドバックアップ バックアップ エブリデイ ドットコム
 

.ようこそ!バックアップ エブリデイ ドットコム へ

こちらバックアップ エブリデイ ドットコムは従業員10人以下の零細企業向けに仕様や機能を特化した共有ハードディスク(NAS)データの自動バックアップサービスです。

.共有ハードディスクこそ毎日定時バックアップを自動で行おう

バックアップ エブリデイ ドットコムを利用することで零細企業内LANにつながっている共有ハードディスクを毎日深夜の定時に人に依存せず自動でバックアップすることができます。

データのバックアップ先はインターネット上のクラウドサーバです。こういった定常バックアップは毎日必要なものなので1日あたりのランニングコストをリーズナブルな価格に設定して運営しています。

バックアップ エブリデイ ドットコム概要

.バックアップ エブリデイ ドットコム はここが便利

どんな零細企業でもたいていLANに共有ハードディスクが1台つながっていて、企業経営に欠かせない次のような情報を蓄積し日々更新しています。

  • 営業情報、顧客情報、見積情報、受注情報、納品情報、アフターフォロー情報、製品情報、研究開発情報、会計情報、人事情報、メール情報、メモ情報

そのような企業経営上重要な情報を失ってしまうかもしれないという共有ハードディスクの故障リスクに対し、バックアップ エブリデイ ドットコムは次の便利を提供しています。

  • 従業員で共有するほど重要で影響範囲が広い情報であるにも関わらず扱いが手薄な部分をバックアップできます。たいていの零細企業で従業員各自のPCは各々の責任で情報管理を任せていますが誰のものでもない共有ハードディスクは誰の担当でもなく管理が宙に浮いていることが多いです。
  • 人に依存せず毎日定時自動バックアップしてくれることが安心です。仮に社内で共有ハードディスク管理者を割り当てても、人に依存する限り必ず忘れられてしまいます。
  • バックアップ先がクラウドにあるので物理的なメンテナンス対象を増やさずに済みます。バックアップ用の共有ハードディスクを調達する必要がありません。
  • ビジネスの継続のために貴重な従業員の時間を本業に専念させることができます。バックアップソフトウエアの調査、選定、導入作業、面倒な設定、正しくバックアップできたかの動作確認に時間を割く必要がありません。
  • すべての企業に必要な"災害に対するデータ保護"として使えます。クラウドへの重要情報のバックアップは自社オフィスが損壊するほどの大災害に遭ってもビジネスを速やかに復旧させることに大きく役立ちます。
  • ITに長けた従業員がいない零細企業でも十分に運用できるように仕様設計しています。もしものことがあれば零細企業内バックアップ専門のエンジニアがサポートします。

零細企業家がバックアップ エブリデイ ドットコムを利用すれば、あとは頭の片隅に「共有ハードディスクも毎日自動バックアップがあるので何かあればいつでもリストアできる」ことを置いておけばよいです。

.バックアップ エブリデイ ドットコム のバックアップの取り方

バックアップは毎日行います。次の2種類を使い分けます。
毎月1日(またはそれに準じる日)に行う"フルバックアップ"
それ以外の日に行う"増分バックアップ"
バックアップ開始時刻
毎日のバックアップ開始標準時刻は深夜00:05です。開始時刻
バックアップ保存期間
バックアップ エブリデイ ドットコム ではバックアップデータを最大10日分しか保管しません。 したがってリストアできる対象は昨日から10日前まで分までであることにご注意ください。
保存期間を終えたバックアップデータは順次破棄しています。
バックアップ期間

なお、各日のバックアップ開始時刻およびフルバックアップ実施日は実際の稼働環境によって多少前後することがあります。

なぜ昨日分しかバックアップせず、しかも10日しか保存しないのか
経験則上、今すぐ必要なデータはたいてい直近に使ったものである確率が非常に高いから。これは情報工学における参照の局所性の3つの概念のうち"時間的局所性"という概念に基づいています。

.フルバックアップとは 増分バックアップとは

バックアップ エブリデイ ドットコムではフルバックアップと増分バックアップを使い分けています。

増分バックアップ概要
フルバックアップ
バックアップ対象データをすべてバックアップする方法です。 フルバックアップした時点の状態にリストアできます。
Wikipedia:バックアップ#フルバックアップの特徴
増分バックアップ
バックアップ対象データに対してフルバックアップを起点として前回のバックアップ以降に変更(追加/編集/削除)したデータについてバックアップする方法です。 毎日の稼働で実際にバックアップする量が少なくて済みます。 ただし最新の状態にリストアするためには起点のフルバックアップデータとそれ以降に実施したすべての増分バックアップデータを使う必要があります。
Wikipedia:増分バックアップ

.申し込みから導入まで

申し込みからバックアップ開始まで

申し込みページ、またはお電話でサービスの利用をお申込みください。 申し込みに際しまず御社のLANの状況や共有ハードディスクについての下記のような機器情報項目などを弊社へお知らせいただき、それに基づいて弊社が連絡する下記のような必要項目設定情報を御社機器に設定していただくなどの操作が発生します。

御社からお知らせいただく必要項目
御社のLANのインターネット接続点における"固定グローバルIPアドレス"
御社のLANの概要(LANの中にPCが何台くらいあるのか、どのようなつながり方をしているか、ファイアウオールの状況、理解している担当者がいるか、など)
御社LANの中におけるバックアップ対象共有ハードディスクの"プライベートIPアドレス"
当該共有ハードディスクの中のバックアップ対象である"共有フォルダ名"
御社で設定していただく必要項目
バックアップ エブリデイ ドットコムへのURIを設定し御社と24時間VPN(IPSec)接続ができるようにすること

もし御社でLANを把握している方がいなければ環境ヒアリングとバックアップ問題解決提案と設定実作業のために弊社エンジニアが御社へ訪問することもできます。その際は訪問に際する旅費交通費(福岡市起点)をご負担ください。 また本サービスを採用する際し通信機器や設定が別途必要になる場合はそれぞれの実費もご負担ください。

設定が終わり次第初回バックアップを開始します。この日から課金開始です。

.技術事項詳細

これより以下は技術的な事柄を記載します。本サービスについてより詳しく知りたい方向けです。

  • バックアップデータは弊社が指定するインターネットクラウドに保存します。
  • バックアップは毎日定時に行います。標準開始時刻をせってしていますが実際の開始時分は多少前後することがあります。定時開始時刻は相談に乗ります。
  • バックアップ対象にデータベースが含まれていれば、前処理としてデータベースの締め作業やエクスポートが必要です。一般には稼働中データベースをそのままバックアップすることはできません。前処理エクスポート実施計画策定などは相談に乗ります。
  • リストア作業は弊社が行います。リストアしたデータを解凍した場所のURLをお伝えし、そのURLからダウンロードしていただきます。具体的作業手順はリストアが実際に必要になったときにお伝えします。
  • インターネットプロバイダの契約形態によっては御社LANからインターネットへのデータアップロードについてその容量制限を設定しているプロバイダがあります。参考としてISP規制情報サイトで御社が使っているプロバイダが制限を課しているかを調べてみてください。特に中小企業やSOHOで多いホームユース契約ではこの制限にかかってしまうことが多いようです。法人向け契約であればアップロード容量制限は無いようです。なお本サービスではこの制限を行っているプロバイダを使用していてもそれにかからないようにバックアップ設定を検討していきます。
  • バックアップ時間帯の停電(例:御社が入るビルの受電設備法定点検で停電します)などがあるときは事前にお知らせください。その日のバックアップはパスするか、停電時間を避けてバックアップを実行します。
  • RTX1210できるだけ既存の御社LAN環境を使ったバックアップ提案を行っていきますが、インターネット上のクラウドサーバとVPN接続をするために次の機材の導入を必須とすることがあります。Yamaha RTX1210(定価125,000円+消費税)および当該機材設置設定費(定価20,000円+消費税)
  • 本サービスでバックアップ可能な共有ハードディスクの条件は次の通りです。
    1. 直接LAN接続していること
    2. LAN内で固定プライベートIPアドレスを割り当てていること
    3. 24時間通電していること
    4. samba接続できること
  • インターネットについて次の作業が御社内で解決できれば初期設定料金は不要です。 この点について御社で解決できない場合は初期設定料金が必要です。
  • NASの一例具体的には次のような共有ハードディスク製品を利用していることを想定しています。(一例です)
    1. BUFFALO ネットワーク対応HDD(NAS)シリーズ
    2. IO-DATA ネットワークハードディスク
    3. Qnap ストレージ製品
  • PCにUSB接続している外付けHDDもバックアップ対象にできます。ただし次の条件があります。
    1. 当該PCおよび外付けHDDに24時間通電している。
    2. 当該外付けHDDドライブを共有設定にしている。

.現在ベータ版稼働中

現在ベータ版運用中として導入可能企業を福岡市近郊の零細企業に限定しています。

導入手順標準化に向けたノウハウ蓄積中です。特にユーザ側フロントエンドにおけるたくさんの事例を収集し日々改善策を講じております。

利用したぜひバックアップ エブリデイ ドットコムに対するあなたの要望を聞かせてください。あなたの要望はできるだけ実現するように日々研究を積み重ねていきます。

.利用規約と申し込み

申し込みはこちらから
利用規約と申し込みへ進む

権利表記など

「バックアップ エブリデイ ドットコム」本サービス及び本サイトは株式会社ストラテジアが提供するサービスであり、本サービスにかかる権利はすべて株式会社ストラテジアに帰属します。

本サービス及び本サイトでは™や®を明記しておりませんが会社名/システム名/製品名/サービス名は各社の登録商標または商標です。

本サービス及び本サイトの内容は予告なく変更することがあります。